女性の活躍が、経済発展に必要不可欠と言われ、
安倍内閣は『すべての女性が輝く社会づくり』を最重要課題のひとつとしております。
当財団も「女性が輝く社会」が、日本経済の安定と発展へとつながると考えております。
その大きな動きとして、日本国内には様々な団体が、女性活用と活躍・教育・健康など
あらゆる分野で素晴らしい活動をしております。
しかし、そのほとんどが限られたエリアや個別で活動しているため、
活動範囲は限られ情報が広がりません。
そこで、各団体が連携することが必要であり、当財団が各女性団体の総合窓口となり、
情報の一元化、活動範囲の拡大と充実化へと繋げます。
それが『すべての女性が輝く社会』をつくるひとつの方法と考えます。
当財団は、『すべての女性が輝く社会づくり』
に貢献することを目的として設立致しました。

理念

・女性が礼節ある行動で自信と誇りを持ち活躍できる社会を作る
・ダイバーシティに対応可能な環境を整える

ミッション

春があって夏があって、秋があって冬があって、日本はよい国である。
自然だけではない。風土だけではない。 長い歴史に育まれた精神的遺産がある。

(出典:松下幸之助「良い国」)

日本が、世界に最も誇れるものは、精神的遺産ではないでしょうか。
「女性の時代」と言われて久しいですが、未だに女性は、社会から評価される場面や機会が少ないのが現実です。その原因のひとつとして、日本人としての気品や礼儀を失い、自身の立ち居振る舞いがわからない女性が、増えていることが考えられます。
現代のオピニオンリーダーである女性が、本来の日本の心を理解し行動することが、日本人としてのメンタリティーや誇りを取り戻す一番の近道であり、女性が真に活躍できる社会になるといえます。
この国が世界に誇れる精神性を持つこと、神話から続く悠久の歴史、経営者である前に女性として礼儀や節度ある行動を身に付けていただきたい。

日本人としての誇りを持ち
精神的にも経済的にも豊かな
礼節と品格を身に付けた女性を育成し
『すべての女性が活躍する社会』づくりを目指します。

役割

当財団は、研修等の啓蒙活動、シンポジウム等の広報、資金支援、人材支援、起業支援等、起業する女性の総合コンシェルジュ機能を果たします。
また、団体(NPO・社団法人・企業代表)等のリーダーを構成員とし、企業と団体・団体と団体を連携させる、起業・経営者のプラットフォームとなります。